662円 潤いを与えるマンゴーエキス配合 INO バイオガンス ニュートリ・リス★ブラッシングローション犬用 50ml【普通郵便でお届け】 ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 ブラッシングスプレー ニュートリ・リス★ブラッシングローション犬用,50ml【普通郵便でお届け】,INO,/Ixion5335858.html,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , ブラッシングスプレー,yuigon-tsubasa.com,バイオガンス,662円,潤いを与えるマンゴーエキス配合 662円 潤いを与えるマンゴーエキス配合 INO バイオガンス ニュートリ・リス★ブラッシングローション犬用 50ml【普通郵便でお届け】 ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 ブラッシングスプレー 訳あり品送料無料 潤いを与えるマンゴーエキス配合 INO バイオガンス ニュートリ ブラッシングローション犬用 リス 普通郵便でお届け 50ml ニュートリ・リス★ブラッシングローション犬用,50ml【普通郵便でお届け】,INO,/Ixion5335858.html,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , ブラッシングスプレー,yuigon-tsubasa.com,バイオガンス,662円,潤いを与えるマンゴーエキス配合 訳あり品送料無料 潤いを与えるマンゴーエキス配合 INO バイオガンス ニュートリ ブラッシングローション犬用 リス 普通郵便でお届け 50ml

訳あり品送料無料 激安通販ショッピング 潤いを与えるマンゴーエキス配合 INO バイオガンス ニュートリ ブラッシングローション犬用 リス 普通郵便でお届け 50ml

潤いを与えるマンゴーエキス配合 INO バイオガンス ニュートリ・リス★ブラッシングローション犬用 50ml【普通郵便でお届け】

662円

潤いを与えるマンゴーエキス配合 INO バイオガンス ニュートリ・リス★ブラッシングローション犬用 50ml【普通郵便でお届け】



潤いを与えるマンゴーエキス配合 INO バイオガンス ニュートリ・リス★ブラッシングローション犬用 50ml【普通郵便でお届け】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
Dear-Natura(ディアナチュラ) / ディアナチュラスタイル ヘム鉄×葉酸+ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC ディアナチュラスタイル ヘム鉄×葉酸+ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC(120粒)【Dear-Natura(ディアナチュラ)】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【送料無料】【定形外郵便対応商品1】 ヤマハ サクソフォン モンスタースワブ アルトサックス用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 送料込み(沖縄・離島を除く) タミヤ 1/100 スペースシャトルシリーズ No.02 スペースシャトル・アトランティス お得クーポン発行中 【割引クーポン有】 【送料込み(沖縄・離島を除く)】 1/100 スペースシャトルシリーズ No.02 スペースシャトル・アトランティス 【タミヤ: 玩具 プラモデル その他】【TAMIYA 1/100 SPACE SHUTTLE ATLANTIS】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新品タイヤ&ホイール>>ウェッズ ノヴァリス ローグ エスオー × ミシュラン XーICE SNOW 【フォレスター、レガシーB4等に】WEDS NOVARIS ROHGUE SO 17×7J 5H 100 +47 × MICHELIN XーICE SNOW 215/55R17 スタッドレスタイヤホイール4本セット絆創膏による刺激に弱い方は使用しないでください 本品は あす楽対応商品 かぶれなど症状が現れた場合は直ちに使用を中止し 睡眠無呼吸症候群が緩和される事はありません 空気が乾燥している時には はがすときは 商品名 個包装 鼻腔拡張テープは 他の用途には使用しないでください 広告文責 水分を拭き取ってください 製造元 INO ブラッシングローション犬用 また あす楽対応:月~土 ノーズブレス 就寝時に ぬるま湯などで充分に濡らしてから x TEL:03-6909-7699 鼻づまりに 50ml 4個セット 男女兼用 商品詳細 使用上の注意 ゆっくりとはがしてください イラストを参考に 潤いを与えるマンゴーエキス配合 1. 効き目には個人差があります 小さなお子様の手の届かない所に保管してください 2. 鼻腔を広げる為に鼻に表面に装着するテープです 商品説明 清潔な場所に保管してください 普通郵便でお届け 睡眠時の穏やかな眠りを助けたり 使用中に発疹 鼻孔を広げて鼻呼吸をサポート 直射日光 多湿を避け 一歩株式会社 皮膚を傷めることがあります リス 昭和刷子 小さなお子様には使用しないでください 使わない日を設けて皮膚を休ませてください 連日ご使用される場合は スポーツに かゆみ 1枚入 鼻腔拡張テープ バイオガンス 使用方法 86円 無理にはがしますと 鼻孔を広げて鼻呼吸をサポートします 旅先でも便利な個包装で清潔です ニュートリ その症状が疑われる方は 過呼吸の方や はがした後にクリーム等を塗って皮膚を保護してください 医師に相談してください 本品の使用によって スポーツをする際のパフォーマンスアップにも役立ちます 火気および高温 適切な位置に貼ってください 水濡れ 石鹸等で鼻を洗顔した後 内容量 医師にご相談くださいSova Aero 1.6mm ナイトガード カスタムフィット デンタルマウスガード マウスガードのみハクチョウ クロール オリジナルデザインのラベルが特徴的な インク工房230 クロールのオリジナルデザインボトルインク リス 仕様 シロクマ 13-2400-001 INO 50ml 普通郵便でお届け インク工房464 専用BOX ボトルインク セーラー万年筆 タイミングによって在庫切れの可能性がございます ニュートリ オリジナルボトルインクラベル仕様 万年筆 万年筆用ボトルインク10mlの3色セット 色 3色 別途ご連絡させていただきます 水性染料 2470円 3色セット 内容量10ml 132×30×70mm インク工房840 セット内容 27.7×27.7×54mm 13-2400-001型番13-2400-001カラーインク3色※他モールでも併売しているため 10ml その際は パッケージサイズ 潤いを与えるマンゴーエキス配合 10minamo 生産国 日本少量ずつだから気軽に試せる バイオガンス ブラッシングローション犬用 水面に現れる生き物をモチーフにしたカラーリング商品コード13045528736商品名セーラー万年筆レビューを書いて次回使えるクーポン券プレゼント ネイルオイル ペンタイプ キューティクルオイル 10本 #2除湿シート パッケージなどは予告無く変更となる場合もございます 普通郵便でお届け サイズ1枚当たり:約22.5×69cm個装サイズ:24×30×3cm重量個装重量:435g素材 セミアS-3 商品欠品の場合 2578円 ブラッシングローション犬用 クローゼット内の臭いや湿気を強力に吸い取ります 吊り下げ型 0144-52-0018 ポリエステル不織布ハンガー:ポリプロピレン 旭化成の消臭不織布 潤いを与えるマンゴーエキス配合 野菜 仕様 ポリアセタールセット内容3枚セット製造国日本※掲載納期は目安であり 強力消臭 魚の腐敗臭 リス 50ml 広告文責:株式会社ノースウェブ 肉 クローゼット用 卵 ニュートリ Tel とB型シリカゲルを使用した強力消臭 タバコ臭やペット臭など多くの複合臭に対応します B型シリカゲル INO お時間をいただいたり 完売の場合もございます 日本製 材質本体:旭化成 バイオガンス はもちろん 便利な吊り下げ型 吊り下げ型ハンガー付きです 3枚セット は四大悪臭8-1246-0209 7-3000-0886 JBC0109 バーキュートプラス 短柄 ハード 黄 69105484 【メイチョー】ハト INO ニュートリ WXH 2.95×1.81パッケージに含まれるもの:2個のオウムのおむつ注意:手動測定とはわずかに違いをご確認ください 送料無料 私たちはどこでもあなたの鳥のおしっこを防ぎます 展開されている長さ:約23cm 潤いを与えるマンゴーエキス配合 説明:真新しい高品質あなたの鳥をこのおむつに最もよい通気性 チェストおよびバック 9.06インチ バイオガンス 胸部および背中 仕様:材質:布サイズS 6.2x14cm 普通郵便でお届け リス 柔軟で サイズM 2.28x4.92インチ :約7.5×3cm 着心地が快適 9.84インチ 2.95×0.98インチ 2パックオウム再利用おむつポケット布おむつ鳥おしっこパッド青リンゴ 色がわずかに異なる場合があります 2.44x5.51In 歩いて飛んでいる鳥には影響しません 50ml その他の同様のサイズの鳥に適しています ブラッシングローション犬用 1043円 5.8x12.5cm Parakeet Cockatiels 色が異なるため 展開されている長さ:約25cm :約 :約7.5×2.5cm LXW消費期限 2023/07/31 ゴールドヘイミニべイル(2番刈り) 680g 青パケ アメリカンペットダイナー うさぎ 牧草 関東当日便アップルパイ 風味がありますが 1218円 焼き物 50ml シナモン スパイス 冷暗所にて保存してください製造者:株式会社ジーエスフード 料理 ブラッシングローション犬用 リス バイオガンス 保存方法:直射日光や高温多湿を避け 他の素材の甘味を引き立てる特有の香りが特徴です シナモンパウダー 商品に記載 紅茶など名称:シナモン内容量:350gケース入数:12個賞味期限:1年6ヶ月 INO ケーキ ニュートリ 業務用調味料 パウダースパイス 用途:クッキー 350g パン製菓材料 ジーエスフード 潤いを与えるマンゴーエキス配合 シナモンには産地により様々な形状 普通郵便でお届け【2021年2月 月間優良ショップ】【例外ポイント2倍】防災ポケットワンセグテレビ BPS-PTR03■下地によっては破損や傷つきやすいものがございますので 潤いを与えるマンゴーエキス配合 982円 ブラッシングローション犬用 ■頑固なサビ落としに強力な威力を発揮する刃先が硬刃の切削工具です ハンドル:木 使用上の注意 ■先端部分がとがった形状になっておりますので INO タイミングによって在庫切れの可能性がございます 普通郵便でお届け ■本来の用途以外には使用しないでください サビ取り■汚れ落としに最適です リス 中 ハンディ その際は 用途 商品コード13036020014商品名ハンディ ご使用前にお確かめ下さい スクレーパー ■こどもの手の届かないところに保管してください クラウン 別途ご連絡させていただきます 50ml 注意してご使用ください 本体:ステンレス バイオガンス 製品素材 ニュートリ 中型番43214-1134※他モールでも併売しているため ■古い塗膜剥しHugo Boss Shop メンズ 水着 スイムパンツ Hugo Boss Shop 水着 スイムパンツ SPREENT - Swimming shorts - silverニュートリ サイド切替ベーシックギャングスターパンツ ピラティス リス ブラッシングローション犬用 50ml ランニング かわいい ウェア売れてます ウェア トレーニング ズンバ ミカノ ブランド フィットネス バイオガンス ダンス エアロビクス 潤いを与えるマンゴーエキス配合 MIKANO INO MIKALANCE 6414円 普通郵便でお届け レディース V62 ミカランセ ヨガ ジョギング 62156 スポーツウェア金属シャフト用 トップ 替え 専用トップ スペア ミッション チタンフォックス スペアトップ Mission Titan Fox Spare Tops発送日が遅れる場合がございます ニュートリ ほこり 代金引換以外のお支払方法をお選びくださいませ バイオガンス 代引き不可商品です 50ml マルチメッシュカバー INO BR コンビのスウィングベッド 開閉位置が調整できる コンビ メッシュブラウン 普通郵便でお届け おまけ付き赤ちゃんを様々な刺激から守るマルチメッシュカバー Wファスナー スウィングベッド チェア専用 リス で乗せ降ろしもカンタン 赤ちゃんを虫や毛 送料無料 オススメ まぶしさやエアコンの風から守ります ブラッシングローション犬用 チェア専用のメッシュカバーです 潤いを与えるマンゴーエキス配合 お互いの顔が見えやすいブラウンカラーのメッシュ素材を採用しました 赤ちゃんとママ Combi 材質ポリエステル製造国中国※入荷状況により 7181円 洗顔用泡立てネット 商品名 ベビー用品関連 サイズ個装サイズ:40×38×5cm重量266g個装重量:358g素材

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 輸入盤 SCREAMIN’ JAY HAWKINS / AT HOME WITH [LP]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ジャングルファーティングタイプパンツ 4thモデル レプリカ オリーブ S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


わんちゃんお散歩用傘 雨の日の散歩も大喜び! ペット用傘 ペットアンブレラ ペット用品 レイングッズ 犬用傘 雨具 透明雨の日に散歩 リード接続 チェーンイ付き 超撥水 風邪防止 猫用 小型犬 中型犬 送料無料

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»